平成30年度 第2回 和歌山県生コンクリート品質管理監査会議

カテゴリー:お知らせ

更新日:2018/12/20

2018年12月18日

第46回の和歌山県生コンクリート品質管理監査会議が開催され

平成30年度の監査結果について報告がされ、全工場の合格が承認されました。

 

また、次年度に向けての新たな制度が2項目追加せれることが

承認され、より一層の技術力の向上と有資格者・工場技術者の

地位向上に向けて邁進して参ります。

追加された2項目については改めてご案内及び説明いたしますが

先にここでご紹介しておきます。

1)立入監査希望工場は、次のいずれかを満たしていることを原則とする

・コンクリート主任技士が1名以上在籍していること。

・和工組が前年度主催したコンクリート主任技士受験対策講習会に

80%以上出席し、かつ資格試験を受験すること。

*本規定は2020年度より実施 ただし、主任技士否在籍工場は2019年度の

受験対策講習会への参加並びに試験の受験が必須となります。(受験票添付必要)

2)優良工場表彰の開始

統一監査でのトータル減点数が0の工場から、表彰ガイドラインに則り

優良工場表彰を行います。