次世代コンクリート開発WG その2

次世代コンクリート開発WG その2

カテゴリー:技術

更新日:2019/6/3

2019年5月22日

(株)セイシン・マテリアルにて

3月に行ったスラグ骨材の実験の第2回目を実施いたしました。

今回は各種配合の耐久性試験を中心とした内容としました。

また、和歌山高専との共同実験との位置付けで

中本先生、三岩先生にもご協力頂きました。

 

 

 

 

 

 

前回の実験と同一配合で行いましたので

性状確認の後、午後からは和歌山高専の生徒さんにも

お手伝いを頂きました。

 

 

 

 

 

 

スランプと空気量の試験を体験してもらい

今回の実験を、卒業論文の題材にして頂きます。

 

 

 

 

 

 

10×10×40の角供試体と10×20の円柱供試体

合わせて100本以上採取しました。

ご協力頂きました皆さまありがとうございました。

次回は8月に別の配合で同じ実験を実施いたします。

その際は、またご協力お願いいたします。

 

第20回生コン技術大会

カテゴリー:技術

更新日:2019/5/11

平成31年4月11日12日の2日間

東京の日経ホールにて、生コン技術大会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

初日の司会を、和工組技術委員会であり

近畿地区本部の技術委員長でもある

大弘建材の上田氏が務められました。

和歌山県の技術の代表が、全国の大会で司会を務められるのは

初めてであり、緊張されながらも見事に司会進行をされておりました。

 

残念ながら和歌山県からの論文発表はありませんでしたが

近畿から多数の論文が発表されておりました。

次回は、2年後になりますが和歌山からも論文を携えて参加したく

計画しておりますので、我こそはいう方おられましたら

参画お願いいたします。

 

 

次世代コンクリート開発WG

カテゴリー:技術

更新日:2019/4/23

令和元年(2019年)度より始動いたしました。

次世代コンクリート開発WG

このWGでは、様々新技術や新材料の検証、実用化を目的とした

長期スパンでの活動を視野に入れたWGです。

また、WGの活動を通じて県内生コン工場の技術者の育成につながればと考えています。

各工場の積極的な参画をお願いいたします。

 

第1回目の実験として3月20日に

日高地区のセイシン・マテリアルで

銅スラグ細骨材、高炉スラグ粗骨材、フライアッシュを使用した

実験を実施いたしました。

 

 

 

 

 

 

和歌山高専の中本先生を始め、竹中工務店の岩清水様

セメント、混和剤メーカー様にご協力、ご参加頂きました。

 

 

 

 

 

 

フレッシュ性状の確認を中心とし、逆さスランプ試験や加振変形試験等を行い

様々な状態を確認しました。

 

 

 

 

 

 

ブリーディング試験や長さ変化試験の結果をみて次回の実験に繋げます。

 

第37回 近畿地区技術研修会

カテゴリー:お知らせ技術

更新日:2019/4/10

2019年3月22日

毎年恒例となっております。

全生連近畿地区本部の技術研修会・新技術普及講習会が

大阪リバーサイドホテルにて開催されました。

 

 

 

 

 

 

各地区からの活動報告があり

その後、7題の研究発表が行われました。

和歌山工組からは紀南地区技術委員会より

早期開放型ポーラスコンクリート舗装について発表がありました。

 

 

 

 

 

 

最後に、全生連関東一区、技術委員長の伊藤氏より

プラントにおける計量器の検査と産業廃棄物管理の講演があり

盛大に幕を閉じました。

 

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

カテゴリー:お知らせ事務局技術

更新日:2019/3/29

下記の通り、工組事務所・和歌山試験場を休業(10日間)させて頂きます。

何卒ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。

2019年 4月26日(金) 通常業務

27日() 休業

28日() 休業

29日(昭和の日 休業

30日(退位の日 休業

5月1日(即位の日 休業

2日(国民の休日 休業

3日(憲法記念日 休業

4日(みどりの日 休業

5日(こどもの日 休業

6日(振替休日 休業

5月7日(火)より通常業務

 

「暑中コン工事対策マニュアル2018」改定報告会

カテゴリー:お知らせ事務局技術

更新日:2019/3/26

2019年3月7日(木)

大阪科学技術センターにて

「暑中コン工事対策マニュアル2018」の改定報告会が開催されました。

これには、2017年に和工組で行った暑中コン実験の結果や

2018年にご協力頂いた実態調査の結果を取り込み

和歌山の実験参加工場もマニュアルに記されました。

このマニュアルを今後ご活用頂き、荷卸し時のコンクリート温度が

35℃を超える場合でも事前協議により、荷卸しを許容出来る

十分なデータや、事前協議事項の詳細等が掲載されています。

工場のみならず販売店各社にも周知頂きたいと存じます。

マニュアルは、和工組に若干数在庫ありますので

ご所望の方はご連絡下さい。

なお、マニュアルは有料となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

●報告会の様子

上田技術委員長が付録3の和歌山部分を

大前が付録4部分をご報告させて頂きました。

 

第15回圧送技術研究会

カテゴリー:技術

更新日:2019/3/8

2019年2月26日(火)

大阪工業大学 梅田キャンパスにて

開催されました、第15回の圧送技術研究会に出席しました。

 

 

 

 

 

(一社)日本建築学会近畿支部 材料・施工部会から

7編の研究報告がありました。

和工組にて冊子を保管しておりますので

ご興味のある方は、ご連絡ください。

 

 

和工組技術研修会及び第7回ニアストレングスコンテスト表彰式

カテゴリー:事務局技術

更新日:2019/2/15

2019年2月6日(水)

和歌山マリーナシティホテルにて

技術研修会及びニアストレングスコンテスト表彰式を開催いたしました。

毎年、青年部後期研修会時にコンテスト表彰式を行ってきましたが

今年から技術研修会とコンテスト表彰式の組合せにて開催いたしました。

研修会~表彰式~ランチの流れで午前中からの開催です。

 

 

 

 

 

 

講演を和歌山高専の中本教授にお願いし、「品質管理について」お話しを頂きました。

皆さまには、品質管理の基本的な考え方を再確認して頂けたかと思います。

 

 

 

 

 

 

続いて、各地区から代表の方に登壇頂いてディスカッションを行い

品質管理やアイコンストラクションについて意見が交わされました。

 

その後、丸山理事長よりコンテスの表彰が行われました。

コンテストの結果は(こちで発表済)

同じチームが申告、指定とも1位になったのは初めてとなります。

入賞チームの皆さまおめでとうございます。

また、ご参加頂きました皆さまありがとうございました。

最後に、理事長賞を贈られた和歌山工業高校の生徒さんに

発表をして頂きました。

 

 

 

 

 

 

今回初めての試みで、午前中から始まり昼食を取って終了する

スタイルの研修会を開催いたしましたが、如何だったでしょうか。

次回の開催に役立てますので

参加頂けた方、また参加出来なかった方のご意見お待ちしています。

よろしくお願いいたします。

 

 

平成30年度 和歌山工組技術研修会

カテゴリー:技術

更新日:2018/12/20

2018年12月15日

和歌山工業高等専門学校にて技術研修会を開催しました。

 

 

 

 

 

丸山理事長に開会のご挨拶を頂き、研修会に入ります。

今年度のお題は、統一監査でチェックさせて頂いた

スランプ試験、空気量試験のおさらいと

日常管理業務における細・粗骨材の表面水測定試験方法について研修を行いました。

各項目ごとに研修会WGの委員に説明頂き

まとめを中本先生にお願いいたしました。

 

 

 

 

 

その後の実演(試験練り)では

ベースの配合と粗骨材の表面水補正をしない場合とした場合の

フレッシュ性状の違いを実演しました。

また、粗骨材の表面水測定を実際に行い手順等を再確認して頂きました。

 

第7回 ニアストレングスコンテスト結果

カテゴリー:お知らせ技術

更新日:2018/12/20

和歌山県工組で毎年開催してきました

ニアストレングスコンテストも今年度で第7回目を迎えました。

これまで2月に行う青年部の後期研修会と合同でコンテスト表彰式を

開催してきましたが、今年よりコンテスト表彰式を技術研修会として単独で開催いたします。

日程は改めてご案内いたしますが、まずは結果を発表いたします。

 

指定強度12N/㎟部門

1位 (有)印南生コンクリート 11.8N/㎟

2位 日高試験場 12.5N/㎟

3位 中紀生コンクリート(協)Cチーム 12.5N/㎟

*2位と3位は標準偏差で決定しています。

申告強度部門

1位 (有)印南生コンクリート 申告22.7N/㎟ 目標差0.6N/㎟

2位 南部生コン工業(株) 申告46N/㎟ 目標差0.6N/㎟

3位 日高試験場 申告23N/㎟ 目標差0.8N/㎟

*1位と2位は標準偏差で決定しています。

入賞おめでとうございます。

 

また、今年も和歌山工業高校の土木クラブの生徒さんにもご参加頂きました。

 

 

 

 

 

 

学校、混和剤メーカー、奈良工組と

今年もたくさんの方にご参加頂きました。

ありがとうございました。