2019年 JCI全国大会in札幌

2019年 JCI全国大会in札幌

カテゴリー:技術

更新日:2019/8/20

2019年7月10日~12日

札幌コンベンションセンターにて

日本コンクリート工学会の全国大会が開催されました。

生コンセミナーでは2つの基調講演があり拝聴しました。

(1)流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン

   橋本親典様(徳島大学大学院)

(2)寒冷地のコンクリート構造物の耐久性確保を目指して

   濱幸雄様(室蘭工業大学大学院)

最新の研究やコンクリート技術に触れることができました。

今後の技術力向上に活かしていければと思います。

次世代コンクリート開発WG その3

カテゴリー:お知らせ技術

更新日:2019/8/8

2019年8月6日、7日

大弘平和共同プラント(株)にて

工組WGの実験として、フライアッシュを用いたコンクリートの

暑中期の性状確認を主とした実験が開催された。

また、7日には、丸山理事長をはじめ中本先生や建築学会近畿支部

大阪兵庫工組、セメントメーカー、混和剤メーカー等、多数の方にご見学頂いた

暑い中、お立合い頂きありがとうございました。

丸山理事長のご挨拶
模擬柱の作製
炎天下での暑中実験

2019年度 技術研修会(黒部ダム見学)

カテゴリー:技術

更新日:2019/6/7

2019年6月5、6日

技術研修会として黒部ダム見学会を開催いたしました。

和歌山高専の中本先生のご厚意により関西電力様にお取り計らいいただき

ダム内部を見学させていただくことがでました。

世界有数のコンクリート建築物を間近に見ることができ

とても勉強になり、貴重な体験となりました。

黒部ダム
クレーン足場跡
宇奈月ダム

次世代コンクリート開発WG その2

カテゴリー:技術

更新日:2019/6/3

2019年5月22日

(株)セイシン・マテリアルにて

3月に行ったスラグ骨材の実験の第2回目を実施いたしました。

今回は各種配合の耐久性試験を中心とした内容としました。

また、和歌山高専との共同実験との位置付けで

中本先生、三岩先生にもご協力頂きました。

 

 

 

 

 

 

前回の実験と同一配合で行いましたので

性状確認の後、午後からは和歌山高専の生徒さんにも

お手伝いを頂きました。

 

 

 

 

 

 

スランプと空気量の試験を体験してもらい

今回の実験を、卒業論文の題材にして頂きます。

 

 

 

 

 

 

10×10×40の角供試体と10×20の円柱供試体

合わせて100本以上採取しました。

ご協力頂きました皆さまありがとうございました。

次回は8月に別の配合で同じ実験を実施いたします。

その際は、またご協力お願いいたします。

 

第20回生コン技術大会

カテゴリー:技術

更新日:2019/5/11

平成31年4月11日12日の2日間

東京の日経ホールにて、生コン技術大会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

初日の司会を、和工組技術委員会であり

近畿地区本部の技術委員長でもある

大弘建材の上田氏が務められました。

和歌山県の技術の代表が、全国の大会で司会を務められるのは

初めてであり、緊張されながらも見事に司会進行をされておりました。

 

残念ながら和歌山県からの論文発表はありませんでしたが

近畿から多数の論文が発表されておりました。

次回は、2年後になりますが和歌山からも論文を携えて参加したく

計画しておりますので、我こそはいう方おられましたら

参画お願いいたします。

 

 

次世代コンクリート開発WG

カテゴリー:技術

更新日:2019/4/23

令和元年(2019年)度より始動いたしました。

次世代コンクリート開発WG

このWGでは、様々新技術や新材料の検証、実用化を目的とした

長期スパンでの活動を視野に入れたWGです。

また、WGの活動を通じて県内生コン工場の技術者の育成につながればと考えています。

各工場の積極的な参画をお願いいたします。

 

第1回目の実験として3月20日に

日高地区のセイシン・マテリアルで

銅スラグ細骨材、高炉スラグ粗骨材、フライアッシュを使用した

実験を実施いたしました。

 

 

 

 

 

 

和歌山高専の中本先生を始め、竹中工務店の岩清水様

セメント、混和剤メーカー様にご協力、ご参加頂きました。

 

 

 

 

 

 

フレッシュ性状の確認を中心とし、逆さスランプ試験や加振変形試験等を行い

様々な状態を確認しました。

 

 

 

 

 

 

ブリーディング試験や長さ変化試験の結果をみて次回の実験に繋げます。

 

第37回 近畿地区技術研修会

カテゴリー:お知らせ技術

更新日:2019/4/10

2019年3月22日

毎年恒例となっております。

全生連近畿地区本部の技術研修会・新技術普及講習会が

大阪リバーサイドホテルにて開催されました。

 

 

 

 

 

 

各地区からの活動報告があり

その後、7題の研究発表が行われました。

和歌山工組からは紀南地区技術委員会より

早期開放型ポーラスコンクリート舗装について発表がありました。

 

 

 

 

 

 

最後に、全生連関東一区、技術委員長の伊藤氏より

プラントにおける計量器の検査と産業廃棄物管理の講演があり

盛大に幕を閉じました。

 

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

カテゴリー:お知らせ事務局技術

更新日:2019/3/29

下記の通り、工組事務所・和歌山試験場を休業(10日間)させて頂きます。

何卒ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。

2019年 4月26日(金) 通常業務

27日() 休業

28日() 休業

29日(昭和の日 休業

30日(退位の日 休業

5月1日(即位の日 休業

2日(国民の休日 休業

3日(憲法記念日 休業

4日(みどりの日 休業

5日(こどもの日 休業

6日(振替休日 休業

5月7日(火)より通常業務

 

「暑中コン工事対策マニュアル2018」改定報告会

カテゴリー:お知らせ事務局技術

更新日:2019/3/26

2019年3月7日(木)

大阪科学技術センターにて

「暑中コン工事対策マニュアル2018」の改定報告会が開催されました。

これには、2017年に和工組で行った暑中コン実験の結果や

2018年にご協力頂いた実態調査の結果を取り込み

和歌山の実験参加工場もマニュアルに記されました。

このマニュアルを今後ご活用頂き、荷卸し時のコンクリート温度が

35℃を超える場合でも事前協議により、荷卸しを許容出来る

十分なデータや、事前協議事項の詳細等が掲載されています。

工場のみならず販売店各社にも周知頂きたいと存じます。

マニュアルは、和工組に若干数在庫ありますので

ご所望の方はご連絡下さい。

なお、マニュアルは有料となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

●報告会の様子

上田技術委員長が付録3の和歌山部分を

大前が付録4部分をご報告させて頂きました。

 

第15回圧送技術研究会

カテゴリー:技術

更新日:2019/3/8

2019年2月26日(火)

大阪工業大学 梅田キャンパスにて

開催されました、第15回の圧送技術研究会に出席しました。

 

 

 

 

 

(一社)日本建築学会近畿支部 材料・施工部会から

7編の研究報告がありました。

和工組にて冊子を保管しておりますので

ご興味のある方は、ご連絡ください。